読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ソースを読む

特定のコマンドのソースコードを読むまで
例として、pingコマンドのソースコードを読む。

1. コマンドのパスを調べる
$ which ping
/bin/ping
2. rpmパッケージを調べる
$ rpm -qf /bin/ping
iputils-20020927-43.el5
3. srpmを入手する
wget /iputils-20020927-43.el5.src.rpm
4. 展開先ディレクトリを作成する
$ mkdir -p /usr/src/redhat
4. 入手したsrpmを展開する
$ rpm -ivh iputils-20020927-43.el5.src.rpm
mockbuildユーザー、グループがいないという警告がでる。
無視できる警告
5. ソースを読む
パッケージの元となるアーカイブがあるので、展開してソースコードを読む

mockbuildユーザーとグループは、もう少し調べよう。