読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nose まとめ6 (nose プラグインの実行)

はじめに

nose プラグインの実行方法です。
作成したプラグインは、明示的に指定しないと利用できません。

実行方法

nose プラグインの実行方法は、あらかじめ登録されているプラグインを呼び出すか
実行スクリプトからプラグインを登録し、実行させる2種類の方法があります。

あらかじめ登録する

nose のプラグインとして実行環境にインストールする方法です。

インストールには、 setup.py を利用します。

インストールが完了すると、 nosetest コマンドから呼び出せるようになります。
プラグインが有効かどうかは、 nosetest -h で確認できます

実行スクリプトから

nosetest コマンドを実行する以外に、nose.main を実行しテストを実行する方法があります。
プラグインファイルがあるディレクトリに、 PYTHONPATH が通っていれば使用できます。

プラグインを import し、 addplugins にリストとして渡します。
実行時オプションに、プラグインを利用する引数(--with-afterlog)を渡す必要があります。

   #!/usr/bin/env python

   import nose
   from logplug import AfterLog

   if __name__ == '__main__':
       nose.main(argv=["-v", "--with-afterlog"],
                 addplugins=[AfterLog()])